プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

【Ruby入門】if文の使い方

更新日:

この記事では、Rubyのif文について説明します。
if文は、条件によってプログラムの処理を分岐させたい時に使います。

本記事の内容

  • if文とは何か?
  • ifを使った値の代入
  • 複雑な条件分岐
  • まとめ

if文とは何か?

if文は、条件によってプログラムの処理を分岐させたい時に使います。
「if」「then」「else」「elsif」「end」というキーワードを使います。
具体的には、以下のような感じです。

if 条件
処理
end

では、この処理を実際のコードで見ていきます。
ageの値が「20」の時と「19」の時とでは、出力結果が異なることがわかります。

「elsif」を使って、もう少し複雑に書くこともできます。
下記の処理では、年齢ごとに表示項目を変更しています。

ifを使った値の代入

ifの結果を変数に代入することもできます。
このやり方を知っていると、よりDRYにコードを書きやすくやります。
DRYとは、「Don't Repeat Yourself」のことで、「コードの重複を避けよう」という意味です。

複雑な条件分岐

if文には、一つの条件だけではなく、複数の条件を指定することもできます。
また、条件を入れ子にすることもできます。
「&&」は条件をandでつなぎます。
「A && B」ならば、「AかつB」ならばという意味です。
「||」は条件をorでつなぎます。
「A || B」ならば、「AもしくはB」ならばという意味です。

「month」や「place」に入れる値を変更して、表示がどう変わるのか、確かめてみて下さい。

まとめ

この記事では、rubyのif文について説明しました。
プログラミングでは、条件分岐は必須です。
最初はわかりづらいかもしれませんが、値を変えてみながら、丁寧に一つ一つの処理を理解していきましょう。

Good luck for your engineer life!

-Ruby, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.