プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

adsense

【Ruby入門】繰り返し処理

更新日:

この記事では、Rubyの繰り返し処理に使うメソッドを紹介します。

本記事の内容

  • times
  • upto, downto
  • step
  • each
  • each_with_index
  • while
  • until
  • loop
  • まとめ

times

「times」は指定した回数だけ、繰り返し処理が行われます。

upto, downto

uptoは、指定した数字から最後の数字まで、1づつプラスしながら、繰り返し処理を行います。
downtoは、指定した数字から最後の数字まで、1づつマイナスしながら、繰り返し処理を行います。

step

1回の繰り返しを実行する毎に、「変数」の値に「stepno」の値を加算したものを変数に代入して、同じ処理を実行します。

each

配列の中身を順番に繰り返します。

each_with_index

配列の中身を順番に繰り返します。
eachと違うところは、配列の中身だけでなく、index番号も取得できるところです。

while

指定した条件がtrueの間は、繰り返し処理を続けます。

until

指定した条件がfalseの間は、繰り返し処理を続けます。

loop

loopは、breakを書かない限り、処理が終了しません。

まとめ

この記事では、様々な繰り返し処理を紹介しました。
用途によって、上手く使い分けて下さい。

Good luck for your engineer life!

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

-Ruby, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.