プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

自分の市場価値を知りたい人にオススメの記事です

【すぐできる】エンジニアとしての市場価値を診断してみよう!

エンジニアが市場価値を把握しておくべき理由 エンジニアは、なぜ市場価値を把握しておいた方がいいのか、まずはその理由について説明します。 エンジニアの市場価値を決める要素 エンジニアの市場価値を決める要素について説明します。 経験業務と年数 ...

続きを見る

私がオススメするプログラミング教材です

私がおすすめするプログラミング教材のまとめ【書籍と動画】

これからエンジニアになりたい人へ向けた本 私が書いた、「これからエンジニアになりたい人」に向けた本です。 最近、世間ではプログラミングの必要性が声高く叫ばれるようになりました。 子供向けには2021年からプログラミング教育が義務教育で実施さ ...

続きを見る

【Ruby入門】メソッドの引数にアスタリスクを使う

更新日:

記事の内容


この記事では、アスタリスク「*」の使い方について説明します。
「メソッドの引数におけるアスタリスク」は可変長引数とも呼ばれています。
混乱しないように、「配列を展開するさいに使うアスタリスク」と合わせて説明していきたいと思います。

メソッドの引数におけるアスタリスク

メソッドの引数におけるアスタリスクは、可変長引数と呼ばれています。
可変長引数を使うと、好きな数の引数をメソッドに渡すことができるようになります。
可変長引数で関数に渡された値は、配列として関数側で受け取ることができます。

配列を展開するアスタリスク

アスタリスクは、配列を展開する時にも使うことができます。
下記のコードでは、配列を展開した値をメソッドに渡しています。
アスタリスクを使うという意味では同じですが、意味は全く異なります。
勘違いしやすいところなので、上記のコードとの違いを、よく理解しておきましょう。

まとめ

この記事では、rubyのアスタリスクの使い方を説明しました。
「関数を定義する時に使うアスタリスク」と「展開して渡す時に使うアスタリスク」の使い方を区別できるようにしておきましょう。
あまり使わないかも知れませんが、アスタリスクの使い方を知っていると、コードリーディングの時に役立つかもしれません。

Good luck with your engineer life!

Ruby初心者から抜け出したい人に、オススメの本です



Rubyをより詳しく勉強したい人には、この記事がオススメです

Rubyの学習でおすすめの本と動画(Udemy)【2022年最新】

初心者向け【入門編】 脱初心者のための問題集 Ruby編 Rubyの基礎的な文法を学習し終わった後、次に何をしようかと考えている人にオススメの本です。 基礎を学んだ後にするべきことは、アウトプットです。 この本では、そのアウトプットをするた ...

続きを見る


Ruby on Railsをより詳しく勉強したい人には、この記事がオススメです

Ruby on Railsの学習でおすすめの本と動画(Udemy)【2022年最新】

初心者向け Ruby on Rails 5.0 初級① Ruby on Railsは、基本的には初心者向けではありません。 ただし、これらの本は、比較的、簡単に書かれています。 プログラミング経験が浅くてRailsを勉強したい人は、この本か ...

続きを見る


Gitをより詳しく勉強したい人には、この記事がオススメです

Gitの学習でおすすめの本と動画(Udemy)【2022年最新】

漫画?でわかりやすく学ぶ入門書の定番 改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門 Gitの入門書の定番と言っても差し支えありません。 絵や図で解説している本なので、わかりやすく頭に入ってきます。 サルでもわかるGit入門 Gitの解説サ ...

続きを見る

関連コンテンツ

-Ruby, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.