プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

自分の市場価値を知りたい人にオススメの記事です

【すぐできる】エンジニアとしての市場価値を診断してみよう!

エンジニアが市場価値を把握しておくべき理由 エンジニアは、なぜ市場価値を把握しておいた方がいいのか、まずはその理由について説明します。 エンジニアの市場価値を決める要素 エンジニアの市場価値を決める要素について説明します。 経験業務と年数 ...

続きを見る

私がオススメするプログラミング教材です

私がおすすめするプログラミング教材のまとめ【書籍と動画】

これからエンジニアになりたい人へ向けた本 私が書いた、「これからエンジニアになりたい人」に向けた本です。 最近、世間ではプログラミングの必要性が声高く叫ばれるようになりました。 子供向けには2021年からプログラミング教育が義務教育で実施さ ...

続きを見る

【Ruby入門】ブロック(yield)を使う理由

更新日:

記事の内容


この記事では、Rubyでブロックを使う理由を説明します。
ブロックを使うコードと使わないコードの2つを比較するので、違いがわかりやすいはずです。

1から5までを表示させる

1から5までを表示させる処理は、普通にeachを回しながら表示させる方法でもできるし、blockを使ったやり方でもできます。

1から5までループする処理を共通化させる

次に、以下の2つの処理について考えてみます。

  • 1から5までループさせて、表示する
  • 1から5までをループさせて、合計する

「1から5までをループさせて」という処理を共通化するために、ブロックを使います。
blockを使わない処理の場合も書いているので、どこが共通化されていているのか、確認してみて下さい。

yieldを使う

block.callは、yieldで置き換えることもできます。

eachにblockを渡す

eachのようにblockを受け付けるメソッドには、blockをそのまま渡すこともできます。

【Python入門】yieldを使って処理をまとめる方法

1から5までを表示させる処理 まずは、普通に以下の関数を実装します。 1から5の数字を表示する関数 1から5の数字を足して、合計を表示する関数 1から5の数字を掛けて、合計を表示する関数 yieldの処理 次にyieldを使って、同じ関数を ...

続きを見る

【PHP入門】yield構文の使い方を説明します

yieldのメリット yeildには、以下の2つのメリットがあります。 処理をまとめることができる メモリの節約ができる では、実際に使い方を見ていきたいと思います。 yieldの使い方 ここでは、「1から3までをループする」という部分を共 ...

続きを見る

Ruby初心者から抜け出したい人に、オススメの本です



Rubyをより詳しく勉強したい人には、この記事がオススメです

Rubyの学習でおすすめの本と動画(Udemy)【2022年最新】

▼ Ruby on Railsについては、この記事で紹介しています 初心者向け【入門編】 脱初心者のための問題集 Ruby編 Rubyの基礎的な文法を学習し終わった後、次に何をしようかと考えている人にオススメの本です。 基礎を学んだ後にする ...

続きを見る


Ruby on Railsをより詳しく勉強したい人には、この記事がオススメです

Ruby on Railsの学習でおすすめの本と動画(Udemy)【2022年最新】

初心者向け Ruby on Rails 5.0 初級① Ruby on Railsは、基本的には初心者向けではありません。 ただし、これらの本は、比較的、簡単に書かれています。 プログラミング経験が浅くてRailsを勉強したい人は、この本か ...

続きを見る


Gitをより詳しく勉強したい人には、この記事がオススメです

Gitの学習でおすすめの本【2022年最新】

漫画?でわかりやすく学ぶ入門書の定番 改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門 Gitの入門書の定番と言っても差し支えありません。 絵や図で解説している本なので、わかりやすく頭に入ってきます。 サルでもわかるGit入門 Gitの解説サ ...

続きを見る

関連コンテンツ

-Ruby, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.