プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

adsense

【Ruby入門】シンボル(コロン記号)をちゃんと理解しよう

更新日:

この記事では、Rubyのシンボル(symbol)について説明します。

本記事の内容

  • シンボルとは何か?
  • シンボルの特徴
  • シンボルは、Hashの定義でよく使われます
  • まとめ

シンボルとは何か?

シンボルは、文字列の前にコロン(「:」)をつけて使います。
シンボルとは、公式では、このように説明されています

シンボルを表すクラス。
シンボルは任意の文字列と一対一に対応するオブジェクトです。
文字列の代わりに用いることもできますが、必ずしも文字列と同じ振る舞いをするわけではありません。
同じ内容のシンボルはかならず同一のオブジェクトです。

これだけでは、わかりづらいと思うので、実際にコードを交えてシンボルの特徴を見ていきましょう。

シンボルの特徴

  • コロン(「:」)を使う
  • 表面上は文字列っぽいので、プログラマにとって理解しやすい。
  • 内部的には整数なので、コンピュータは高速に値を比較できる。
  • 同じシンボルは同じオブジェクトであるため、メモリの使用効率が良い。
  • イミュータブルなので、勝手に値を変えられる心配がない。

シンボルは、Hashの定義でよく使われます

Hashを作る際には、シンボルを使った方が高速に動作します。
シンボルを使った2つのHashの生成方法を紹介します。

まとめ

この記事では、シンボルの詳細な説明を紹介しました。
Hashを作る時には、できるだけシンボルを使うようにしましょう。

Good luck for your engineer life!

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

-Ruby, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.