プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

プログラミング道場Top

【Python3入門】if文の使い方

更新日:

この記事では、Python3のifについて説明します。

本記事の内容

  • if文とは
  • if文の使い方
  • まとめ

if文とは

if文は、プログラムの中で条件分岐を書きたいときに使う文法です。
例えば、「20歳未満の人は、飲酒禁止」「20歳以上の人は、飲酒OK」というプログラムを書きたい時に、if文を使います。
それをプログラムっぽく書くと以下のようになります。

if 年齢 < 20:
飲酒は禁止
if 年齢 >= 20:
飲酒はOK

もう少し抽象化すると、以下のようになります。

if [条件式]:
[条件式がTrueのときに行う処理]

if文の使い方

では、実際にコードを見ていきたいと思います。
if文の比較演算子には、以下のような値を使うことができます。

演算子 結果
x < y xがyより小さければTrue
x <= y xがyより小さいか等しければTrue
x > y xがyより大きければTrue
x >= y xがyより大きいか等しければTrue
x == y xとyの値が等しければTrue
x != y xとyの値が等しくなければTrue
x in y xがyに含まれていればTrue
x not in y xがyに含まれていなければTrue

シンプルなif文

ifとelif

ifとelifを組み合わせて、もう少し複雑な条件文を作ってみます。

ifの否定形

「!=」を使ったif文です。

複数条件の使い方

if文は、複数の条件を繋げることもできます。

「in」と「not in」の使い方

まとめ

この記事では、pythonのif文について説明しました。

Good luck for your engineer life!

-Python, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.