プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

adsense

【Python3入門】関数の使い方

更新日:

この記事では、Pythonにおける関数の使い方について紹介します。

本記事の内容

  • 関数(メソッド)とは何か?
  • 関数の定義方法
  • 引数の使い方
  • デフォルト引数の使い方
  • キーワード引数の使い方
  • 戻り値の使い方
  • まとめ

関数(メソッド)とは何か?

関数(メソッド)とは、ある特定の処理をまとめたモノのです。
ソースコードの中に同じような処理があれば、関数を使ってそれらを一つにします。
そうして、一度でも関数を定義してしまえば、関数を呼び出すことで、何度も同じ処理を簡単に実行することができます。

関数の定義方法

関数名は、以下のように定義します。

def 関数名():
処理

具体的なコード例を見ていきます。

引数の使い方

関数に引数を渡すことで、より拡張性のあるコードを書くことができます。

デフォルト引数の使い方

関数を定義する時に「引数名=デフォルト値」とすることで、引数のデフォルト値を設定できます。
デフォルト値を設定しておくと、関数の呼び出し時に引数の指定を省略することができます。

キーワード引数の使い方

関数の呼び出し時に、「引数名=値」として値を指定することができます。
この場合は、任意の順番で、引数を指定することができます。

戻り値の使い方

関数の結果を「return」キーワードを使って取得することができます。

まとめ

この記事では、Pythonにおける関数の使い方について紹介しました。

Good luck for your engineer life!

-Python, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.