プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

【Python3入門】関数でアスタリスク(可変長引数)を使う方法

投稿日:

この記事では、Pythonにおける「関数の可変長引数」の使い方について紹介します。

本記事の内容

  • 可変長引数で、任意の数の引数を指定する
  • 複数のキーワード引数をdictionaryとして受け取る
  • listを展開して渡す
  • dictionaryを展開して渡す
  • まとめ

可変長引数で、任意の数の引数を指定する

「*」をつけると、複数の引数をタプルとして受け取ることができます。

複数のキーワード引数をdictionaryとして受け取る

「**」をつけると、複数の引数をdictionaryとして受け取ることができます。

listを展開して渡す

関数呼び出し時にリストやタプルに「*」をつけて指定すると、要素が展開されて関数に渡されます。

dictionaryを展開して渡す

関数呼び出し時に辞書に「**」をつけて指定すると、要素のキーが引数名、値が引数の値として展開されて、キーワード引数として渡すことができます。

まとめ

この記事では、関数の可変長引数を使う方法と、配列や辞書型を展開して関数に渡す方法を紹介しました。

Good luck for your engineer life!

関連コンテンツ

-Python, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.