プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

【Python3入門】文字列が数字かどうかを判定する

更新日:

この記事では、数値を判定するいくつかのメソッドを紹介します。

本記事の内容

  • 文字列が数値かどうかを判定する三つのメソッド
  • まとめ

文字列が数値かどうかを判定する三つのメソッド

isdecimal、isdigit、isnumericという三つのメソッドを具体例と共に紹介します。

isdecimal

全ての文字が0から9までの数字ならTrue
「012」といった0から始まる数字もTrueです。

isdigit

isdecimalがTrueと判定する値に加えて、「Unicodeのプロパティ値Numeric_TypeがDigitまたはDecimalである数字」もTrue判定になります。
ただ、「 ⑩」はFalseの扱いでした。ちょっと、不思議。
通常の数字の判定をするならば、「isdecimal」でよい気がします。

isnumeric

全ての文字が数を表す文字ならTrueになります。
「百」、「零」という文字もTrue扱いになります。

それでは、実際の例を見ていきたいと思います。

まとめ

この記事では、数値を判定するいくつかのメソッドを紹介しました。
状況によって、三つのメソッドを使い分けていきたいですね。

Good luck for your engineer life!

-Python, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.