【Python入門】値渡しと参照渡しの違い

更新日:

記事の内容


この記事では、値渡し(あたいわたし)と参照渡しの違いについて説明します。
なお、このコードはPythonの3系で書かれています。

値渡しと参照渡し

メソッドに数字を渡した場合の動作が、値渡しです。
メソッドの中では値が変わっていますが、メソッドの外で値を見ても、元のままであることがわかります。

一方で、メソッドに配列を渡した場合の動作が、参照渡しです。
メソッドの中で配列に値を追加していますが、メソッドの外でも値が追加されています。

まとめ

この記事では、値渡しと参照渡しの違いについて説明しました。
厳密に言えば、配列の参照渡しは、「参照渡しに見える値渡し」で「共有渡し」と呼ぶそうです。
でも、初心者としての理解ならば、「配列の動作は参照渡し」ということで十分です。

Good luck for your engineer life!

Pythonをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


Djangoをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


Flaskをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


機械学習をより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


統計学をより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


数学をより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


Rをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


Juliaをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい

関連コンテンツ

-Python, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.