プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

【Python3入門】リスト(配列)の使い方

更新日:

この記事では、Python3のリスト(list)について説明します。
Pythonのリスト(list)は、他の言語で言う配列のことです。

本記事の内容

  • リスト(list)とは?
  • listの作成方法
  • listの要素を追加したり取得する
  • listの要素を更新したり削除する
  • listが空かどうかを調べる
  • listの重複を省く
  • listを結合する
  • listの中身を結合する
  • listの長さを調べる
  • listを反転させる
  • listのsort(並び替え)を行う
  • map
  • まとめ

リストとは?

リストとは、一連のデータを格納した箱のようなものです。
リストを使うことで、同じような記述を何度も書くことを避けることができます。

listの作成方法

listの初期化や作成方法と、中身の見方を紹介します。

listの要素を追加したり取得する

「append関数」は配列に値を追加します。
「insert関数」は指定した場所に値を追加します。

listの要素を更新したり削除する

「remove関数」は指定した配列の値を削除します。
「pop関数」は指定したindex番号の値を削除します。

listが空かどうかを調べる

「len関数」「notキーワード」「==[]」を使った三つの方法を紹介します。

listの重複を省く

「set関数」と「dict.fromkeys」を使った方法を紹介します。

listを結合する

「+」「extend関数」を使った方法を紹介します。

listの中身を結合する

「join関数」を使います。
listの中身が数字の場合は、文字列にキャストした上でjoin関数を使います。

listの長さを調べる

「len関数」を使います。

listを反転させる

「reverse関数」を使います。

listのsort(並び替え)を行う

「sort関数」を使って、昇順にソートします。
「sorted関数」を使って、降順にソートします。

map

「map関数」は、全ての要素に指定した関数を実行します。

まとめ

この記事では、pythonのリストについて説明しました。

Good luck for your engineer life!

-Python, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.