プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

adsense

【Python3入門】エスケープシーケンスについて

更新日:

この記事では、Pythonのエスケープシーケンスについて紹介します。

本記事の内容

  • エスケープシーケンスとは?
  • エスケープシーケンスを無効にする方法
  • まとめ

エスケープシーケンスとは?

バックスラッシュを用いて特殊な文字を表現することをエスケープシーケンスといいます。

エスケープシーケンス 意味
\\ 「\」文字そのもの
\' シングルクオーテーション
\" ダブルクオーテーション
\a ベル
\b バックスペース
\f 改ページ
\r キャリッジリターン
\n 改行
\t 水平タブ
\v 垂直タブ

エスケープシーケンスを無効にする方法

バックスラッシュを用いて特殊記号を表示する方法を、エラーが出るケースと比較しながら紹介していきたいと思います。
バックスラッシュを使わないと、「SyntaxError: invalid syntax」というエラーが出ます。
エラーを無くすには、特殊記号の前に「\」をつけましょう。

ダブルクォーテーションを表示したい場合

バックスラッシュを表示したい場合

改行コードを表示したい場合

「\n」をそのまま書くと、結果が2行で表示されていることがわかります。
それを「\\n」と書くと、「\n」自体が表示されるようになります。

2行で改行したい場合

エスケープシーケンスとは関係ありませんが、バックスラッシュを使って、2行でプログラムを書く方法も紹介します。

まとめ

この記事では、エスケープシーケンスについて紹介しました。

Good luck for your engineer life!

-Python, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.