プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

自分の市場価値を知りたい人にオススメの記事です


AI関連で転職したい人は、まずは登録してみましょう

Pythonの学習でおすすめの本【2023年最新】

更新日:

記事の内容


この記事では、Pythonを学習する上での良書を紹介していきたいと思います。

関連記事の紹介

初心者向け【入門編】

脱初心者のための問題集 Python編

Pythonの基礎的な文法を学習し終わった後、次に何をしようかと考えている人にオススメの本です。
基礎を学んだ後にするべきことは、アウトプットです。
この本では、そのアウトプットをするための演習課題が、60問、用意されています。

この本を読み終えた後は、まず間違いなく、初心者から中級者に向けてのステップアップができているはずです^^
Pythonを勉強するさい、2冊目に最適な本です。

この本は、「Kindle Unlimited」の30日間無料体験で読むのがオススメです ^^
無料体験後も、200万冊以上の本を月額980円で読むことができる、読書好きにはもってこいのプランです。

スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング

ふりがなプログラミングシリーズのPython版です。
文句なしに、やさしい内容なので、これからプログラミングを始めてみようという人は、この本から始めると良いかもしれません。

いちばんやさしいPythonの教本

こちらは、初心者向けの定番シリーズですね。
作りながら楽しく学んでいけるので、飽きずに学習を進めていけるはずです。

3ステップでしっかり学ぶ Python 入門

山田祥寛さんが、手掛けている本に外れは少ない印象です。
プログラミング初心者向けではありますが、「この項目で学ぶこと」「実際にやってみよう」「理解しよう」という3つのプロセスを通して勉強することで、Pythonの基礎を学ぶことができます。

やさしくわかるPythonの教室

小学生くらいの女の子と先生の対話形式で学習が進んでいきます。
Pythonのインストールから文法、関数とクラス、正規表現などのを学習し、最後にライブラリを利用したPythonの学習を行います。
PandasとTensorFlowについても学習します。
一冊目としては少し難しいかもしれません。

独学プログラマー

初心者向けの、広く浅く書かれている本です。
ただし、プログラミングが始めての方の中には、「説明が雑」と言う人もします。
2冊目以降に買う方が無難かもしれません。

スッキリわかるPython入門 (スッキリわかる入門シリーズ)

プログラミング未経験の方が、後に自走学習できるような知識が一通りまとまっています。
例題などに取り組みながら学習できるので、最初の一歩には非常に良いです。

文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学

数学の勉強をやり直したい人で、Pythonも一緒に勉強したい人にオススメの本です。

中級者向け

シリコンバレー一流プログラマーが教える Pythonプロフェッショナル大全

本書のもととなったのは、オンライン講座Udemyで人気No.1を獲得したPython講座。
本格的な内容をわかりやすく伝える著者の講座は人気が高く、延べ18万5,000人が受講しています。

本書はさらに内容を充実させてパワーアップ! 自分のペースでしっかり学べます。

Pythonコードレシピ集

Pythonで入門レベルのコードを書けるようになったとき、現場で役立つ良質なレシピ集です。
Pythonエンジニアが初心者から中級者に進むためのステップになります。

入門 Python 3 第2版

本書は、ベストセラー『入門 Python 3』の6年ぶりの改訂版で、プログラミング初級者を対象としたPythonの入門書です。
プログラミングおよびPythonの基礎から、ウェブ、データベース、ネットワーク、並行処理といった応用まで、実践を見据えたPythonプログラミングをわかりやすく丁寧に説明します。

Pythonチュートリアル 第4版

本書はプログラミング言語Pythonの作者Guido氏が書き下ろした、Python入門者のための手引書です。
Pythonの言語とシステムの基本的な機能やコンセプトをわかりやすくまとめて解説し、さらにPythonの特徴的な機能を数多く取り上げて紹介しており、Pythonの雰囲気とスタイルをつかむことができます。

Python実践入門

初心者から中級者向けで、より実践的なPythonのプログラムが書かれています。
サンプルコードとコメントが丁寧なので、わかりやすいです。
CIの設定も含めて解説があるのは、嬉しいです。

テスト駆動Python

テストコードを書くことについて学びたい人にオススメです。

本書の目的

  • Pythonを使っているのでpytestを使ったテスト駆動開発する
  • シンプルなテストをシンプルに書く
  • 複雑なテストもシンプルに書く
  • 読みやすいテストを書く
  • self.assertEqual()やself.assertLessThan()のようなものではなく、assertだけでテスト駆動する
  • 単体テストまたはnoseのテストを実行できるようにする

Python実践データ分析100本ノック

「Kaggleを始める前に、まだ自信がないし、もう少し基礎的なところを勉強したい」と思っている人にオススメの本です。
逆に、Kaggleをやり込んでいる人にはオススメしません。

実践力を身につける Pythonの教科書

文法の基礎から始めて、後半ではより実践的なものを作っていきます。
クジラ飛行机さんの著書は、いい本が多いです。

退屈なことはPythonにやらせよう

初心者から中級者向けで、より実践的なPythonのプログラムが書かれています。
ノンプログラマーにとっては難しいと思うので、個人的には2冊目に選ぶのがいいと思います。

Pythonでいかにして暗号を破るか

本書は、暗号、暗号解読、暗号学について興味を持っている人のためのものです。
本書の暗号(23章と24章の公開鍵暗号を除く)はすべて古典的なものであり、ノートPCの計算能力でも解読できます。

暗号化プログラムを書きながら学び、それに対する解読プログラムも作ることがメインとなる本です。
もともと海外で発売された本らしく、売り上げがよかったので日本での販売もされることになったそうです。

上級者向け

プロフェッショナルPython ソフトウェアデザインの原則と実践 (impress top gear)

本書の内容を習得することで、初中級者はコーディングスキルを大きく向上させ、プロフェッショナルなプログラミングへの道を見通せるようになります。
ベテランの開発者が最近のトレンドを押さえて、昔の知識を更新するのにも向いています。

エキスパートPythonプログラミング

Python開発のベストプラクティスが、この本には書かれています。
Python開発のエキスパートになりたいという方は、是非、この本を読んでみて下さい。

Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版

この本では、Python開発で使われる技術を網羅的に紹介しています。
これから、Pythonを使って本格的にチーム開発をしてきたい人は、是非、読んでみて下さい。

Effective Python

一線級のプログラマたちが座右の一冊としている「Effective」シリーズです。
ベストプラクティスや落とし穴の避け方、より良いPythonコードを書くために何をすべきかという内容が書かれています。

Fluent Python ―Pythonicな思考とコーディング手法

分厚い本です(笑)
Pythonっぽく書くためのノウハウが詰まっていて、読んでいて楽しくなります。
Pythonに関する深い知識が欲しい人には、これほど助けるになる本はないと思います。

電子書籍を大きな画面で読みたい人には、外部ディスプレイがオススメです

プログラミングスクールに行きたい人には、この記事がオススメです

関連コンテンツ

-プログラミング, 書評

Copyright© プログラミング道場 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.