プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

【Go言語入門】エラーハンドリングの使い方を説明します

更新日:

記事の内容


この記事では、go言語のエラーハンドリングの使い方を説明します。
他言語では、try-catchといった例外処理がありますが、go言語ではそういったものはありません。
go言語では複数の戻り値を返却できる特性を利用して、戻り値としてerrorインタフェースを返却することによりエラーハンドリングを実現しています。

エラーハンドリング例

try-catchっぽい書き方

Go言語でtry-catchっぽく書こうとすると、こんな書き方になります。
panicを使って例外を発生させて、deferとrecoverで例外をキャッチしています。

関数に独自の例外を定義

構造体(Struct)にエラーを定義

エラーを投げる時は、「&」を必ず先頭につけるクセをつけましょう。

まとめ

この記事では、Go言語のエラーハンドリングについて説明しました。

Good luck with your engineer life!

Go言語をより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


Rubyをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


Ruby on Railsをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


Javaをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


Gitをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい


ErlangとElixirをより詳しく勉強したい人は、この記事を読んで下さい

関連コンテンツ

-Go, プログラミング

Copyright© プログラミング道場 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.