プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

自分の市場価値を知りたい人にオススメの記事です


AI関連で転職したい人は、まずは登録してみましょう

紛争でしたら八田までのレビュー[7-8巻]【書評】

更新日:

記事の内容


この記事では、「紛争でしたら八田まで」の7巻と8巻の紹介をします。
「紛争でしたら八田まで」とは、世界に存在している紛争問題を紹介しながら、解決していくフィクションの漫画です。
コンセプトは、ゴルゴ13に少しだけ似ているかもしれませんね。
今の世界にはどういった問題があるのかを知りたい人にピッタリな漫画です。

現地の食べ物の紹介

シンガポール

韓国

シンガポールという国の説明

シンガポールが発展できたのは、国が大きく国民の生活に干渉したからです。
シンガポールには多くの防犯カメラが設置されており、監視社会だとも言われています。
そして、そうまでして発展を目指した理由は、周りを大国に囲まれているからです。

韓国の就職事情

韓国の就職には様々なものが求められていて、それらをSPECと呼んでいるそうです。
大変そうですね。

38度線付近の事情

38度線付近では、今でも難しい住宅事情があるそうです。

まとめ

この記事では以下の国々について説明しました。
他の内容は、主に「不良抗争編」が書かれていました。

  • シンガポール
  • 大韓民国

この記事に興味を持った人は、是非、これらの本を読んでみて下さい^^

電子書籍を大きな画面で読みたい人には、外部ディスプレイがオススメです

関連コンテンツ

-書評, 漫画, 紛争でしたら八田まで

Copyright© プログラミング道場 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.