プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

単純な物語にまとめて結果だけを見ることは危険です【歴史を例に出して説明します】

更新日:

歴史を勉強したりニュースを読んだりしていると、時として過程をすっ飛ばして、単純な物語にまとめられてしまうことを見かけます。
「単純な物語にまとめること」には強い力があるのは確かですが、この記事では例を出しながら、その危険性について説明していきたいと思います。

本記事の内容

  • 江戸時代の幕末には、突然、発生した攘夷という概念
  • 攘夷が生まれた原因
  • 単純な物語に潜む過程に注目しよう
  • まとめ

江戸時代の幕末には、突然、発生した攘夷という概念

日本人は歴史の授業で、「攘夷」「生麦事件」という単純化されたキーワードと物語について習います。
それらの2つは、「鎖国を続けていた日本人は、外国人のことが嫌いなので、外国人を斬り殺す」という単純な物語にまとめられています。

でも、それだけだと、大きな一つの疑問が浮かんできます。
なぜ、日本人は外国人のことを嫌いになったのでしょうか?

その説明がないと、幕末期(1850年前後)の日本人は狂っていたかのように見えます。
でも、1850年と言えば、わずか170年前の話であり、高祖父(祖父の祖父)ぐらいの世代です。
私には、その時代を生きていた日本人が狂っていたとは思えません。

攘夷が生まれた原因

攘夷(外国人をしりぞける)という概念が生まれた理由は、実は明確にあります。
それが原因で日本人は、外国人を嫌いになりました。
これから、その理由を説明していきたいと思います。

下田条約という不平等条約

ことの発端は、1854年の下田条約にあります。
この時に、外国の通貨と日本の通貨を交換するレートを決めました。
今で言えば、「1$は110円とする」というレートのことです。
そのレートが、不公平であるために、日本は多くの金を失いました。

さらに簡単に言うと、こういうことです。
日本で、メキシコドル→日本の銀貨→日本の金貨に両替します。
それから海外で、日本の金貨→メキシコドルに両替すると、銀貨が3倍に増えています。

この不公平な条約のために、多くの金が海外に流出しました。。。

日本を襲った3倍のインフレ

幕府もしばらくして、このカラクリに気付いて、金の含有量を減らした小判を発行することにしました。。。
それが、1854年から6年後である、1860年の万延小判の発行です。
この小判の金の含有量は、以前の小判に比べて1/3だったので、上記で説明した不公平な取引は行われなくなりました。
でも、その新しい小判の発行と共に、3倍のインフレが日本を襲いました。

3倍のインフレとは、今までは1,000円のランチだったものが、3,000円のランチになるということです。
その時の庶民の怒りは、図りしれません。
その怒りが、「庶民の外国人嫌い」と「攘夷」に繋がっていきます。
ちなみに、庶民が「生麦事件」を耳にした時は、薩摩藩士への拍手喝采だったそうです。

さらに、その小判の交換に乗じて、政府の高官や金持ちの商人は、大儲けをします。
政府の高官、お金持ちの商人、外国人が大儲けをして、庶民が大損をしたということです。
それが、倒幕のエネルギーに繋がったことは言うまでもありません。

まとめ

教科書は、わずか1行か2行ぐらいで説明されている「攘夷」には、このような背景がありました。
「攘夷とは、神国に住む日本人の外国人排斥運動」という短い物語は、わかりやすいかもしれませんが、大事な過程と視点が抜け落ちており、そこから何も学ぶことはできません。
私達が、「短い物語」を聞く時は、その点を注意して聞く必要があります。
同様に、「わかりやすい短い物語を作ろう」と考えている時にも、大事な視点が抜け落ちないように気を付けましょう。

なお、この記事の話は、これらの本を参考にして書きました。

Good luck!

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

関連コンテンツ

-ポエム, 社会

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.