プログラミング、フリーダイビング、ブロックチェーンのブログ

プログラミング道場

自分の市場価値を知りたい人にオススメの記事です

不思議の国のバードのレビュー[5-6巻]【書評】

更新日:

記事の内容


この記事では、不思議の国のバードの5巻と6巻の紹介をします。
「不思議の国のバード」とは、イザベラ・バードという冒険家によって書かれた明治時代の日本の記録です。
一部にはフィクションが混じっている可能性もありますが、ほぼ事実だと考えてよさそうです。
明治時代の日本を知るためには、ピッタリな漫画です。

傷ついた身体で旅をしていたバード氏

バード氏は病弱で、しかも背中を痛めていたそうです。
それにも関わらず、世界中を旅していました。
勇気ある女性ですね。

バード氏が見たハワイの住人の記憶

バード氏は、「何でハワイの人達は明るいんだろう?」と疑問に感じています。
これは、日本人がフィリピンに来た時に感じる想いと似ている気がします。

消火の現場を見る

消火の現場に出くわしたので、日本式の消火を観察しています。

葬式を見る

葬式に出くわしたので、日本式の葬式を観察しています。

まとめ

この記事に書いた内容は、これらの本から抜粋しました。

もっと詳しく知りたい人は、これらの本も読んでみて下さい。

電子書籍を大きな画面で読みたい人には、外部ディスプレイがオススメです

関連コンテンツ

-不思議の国のバード, 書評, 歴史, 漫画

Copyright© プログラミング道場 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.