プログラミング、フリーダイビング、旅行のブログ

プログラミング道場

プログラミング道場Top

なんとなく、エンジニアになりたい人が無料のプログラミングスクールに行くべき理由

更新日:

無料のプログラミングスクールは、お得そうに見えますが、実際の所はどうですか?
メリットやデメリットなどがあれば教えて下さい。

この記事は、なんとなく、エンジニアになりたい人に読んで欲しい内容です。
もう少し噛み砕いて言うと、対象読者は、以下のような人達です。

  • なんとなくエンジニアになってみたい人
  • 自分にIT業界が向いてるかはわからないけど、ITって良さそうと考えている人
  • 最初の時点では、あまりお金を掛けたくない人

反対に、こういう人は、この記事を読んでも意味がありません。

  • エンジニアになることに決めている人
  • 50万程度のお金は、問題なく払える人
  • 素晴らしいプログラミングスクールと講師を知っている人

この記事はアフィリエイトを含んでいますが、私は、「私がオススメするものしか紹介しない」というスタンスを取っています。
その判断は、他の記事なども読んで判断して下さい。
無節操にプログラミングスクールを紹介をしているわけではありません。

本記事の内容

  • 無料のプログラミングスクールを推す理由
  • 無料のプログラミングスクールの紹介
  • よくある無料のプログラミングスクールが駄目だと言われる理由
  • まとめ

無料のプログラミングスクールを推す理由

まずは、私が、「無料のプログラミングを推している理由」を説明したいと思います。

IT業界の未経験者は、業界のことをよくわかっていない

IT業界の未経験者は、IT業界のことやプログラミングのことを、あまりよくわかっていません。
それはつまり、「自分のIT業界への適正を理解していない」というこを意味しています。
でも、それは当たり前のことなので、決して責められるポイントではありません。
むしろ、IT業界の未経験者が、IT業界に対する未来を感じてくれているのは、welcomeです。

IT業界には未来があり、確かに素晴らしい業界です。
しかしながら、門戸が全員に開いているかと言えば、それは違います。
特にエンジニアリングに関しては、人を選びます。
そのため、プログラミングが好きな人は、圧倒的なスピードで成長しますが、そうでない人は諦めてIT業界から退場してしまいます。

そのような業界に入るために、自分の適正がわかっていない状態で、50万近くもの大金を払うことは、全くオススメできないというのが、私の正直な想いです。

例えば、これからIT業界に入る人が、自分の彼女だったとします。
彼女が、「プログラミングに興味があるから、50万円を払ってプログラミングスクールに行くことにした」と発言した時に、私は気軽には「そっか、頑張ってね」とは言えません。
でも、それが無料のプログラミングスクールであれば、「とりあえず、行ってみたら?」と言うことができます。
なぜならば、彼女のIT業界に対する適正は、試してみないとわからないからです。
仮に彼女に適正がなければ、諦めて他の道に進めばいいだけです。

講師は有料でも無料でも、大して変わらない

有料のスクールだろうが、無料のスクールだろうが、講師の質は大して変わりません。
これは、全てのプログラミングスクールを見たわけではないので、憶測も入っています。
ただし、根拠はあります。

現在、IT業界は未曾有のエンジニア不足が叫ばれています。
都内だと、有効求人倍率が8倍を越えており、一人のエンジニアに対して8つの求人がある状態です。
そのため、エンジニアの給料も安くはなく、そこそこ経験のあるフリーランスだと、月額で80万円以上は普通です。
そんな状況の中で、プログラミングスクールの講師に、いいエンジニアが集まるはずもありません。
プログラミングスクールの講師の給与はいくらでしょうか?

勿論、例外的にいいエンジニアがいることもあるはずです。
でも、それが一般的かと言われれば、それは違うと言わざるを得ません。
講師の経歴やGithubのアカウントなどがあれば、それをチェックして見て下さい。
そして、それが素晴らしいモノであれば、お金を払ってでも行く価値はあると思います。

そういう状況の中で、本当に有料のスクールを選ぶ必要があるのか、もう一度、よく考えてみて下さい。

無料のプログラミングスクールの紹介

では、私が調べたいくつかの無料のプログラミングスクールを紹介していきたいと思います。

DMM WEBCAMP

DMMが運営しているプログラミングスクールです。
3ヶ月という短期間で、エンジニアスキルを身に付けることができて、さらに転職・就職保証も付いているスクールです。
学べるスキルは、主にサーバーサイドエンジニアになるためのスキルです。

受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額返金してくれます。

ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーは、未経験からITエンジニアを目指す方に、ネットワークエンジニアになることを推奨している学校です。

就職する前提ですが、講座代、テキスト料等は一切無料で受講できます。
最初に保証金などを3万8千円払うだけで、研修、就職活動中の2ヶ月間、シェアハウスの賃貸も無料です。
無料でITに関する知識や資格の勉強もできる最高のアカデミーです。
そして、3ヶ月目には就職先も斡旋してもらえます。

個人的には、ネットビジョンアカデミーを経て、ネットワークエンジニア、クラウドエンジニアというキャリアパスを積んでいくのが、勝ち組のパターンかなと思います。
勿論、ネットワークエンジニアからWebエンジニアというのもアリです。

ProEngineer(プログラマカレッジ)

プログラマカレッジは、Webエンジニア(サーバーサイドエンジニア)になるための学校です。
企業からの協賛金を得ることで、無料のスクールが成り立っているようです。

勉強時間はコースによってまちまちですが、3ヶ月目間の研修の後に、就職先を斡旋してもらえるようです。

Geek Jobについて

Geek Jobは、サーバーサイドエンジニアになるための学校です。
こちらは、生徒が就職した際に、成果報酬として企業からお金を貰っているので、無料のスクールが成り立っているそうです。

勉強時間はコースによってまちまちですが、1ヶ月目間の研修の後に、就職先を斡旋してもらえるようです。

よくある無料のプログラミングスクールが駄目だと言われる理由

ここまで読んできても、なんとなく、「無料のプログラミングスクールは怖い」と思う人もいるはずです。
その理由に対する反論を一つ一つ、説明していきたいと思います。

無料のプログラミングスクールに行くと、SESに就職させられるんでしょ?

SESとは、簡単に言えば、「エンジニアの派遣サービス」です。
一昔前だと、「特定派遣」とも呼ばれていました。
例えば、A社に正社員として所属しながら、仕事の現場はB社という感じです。

これは、半分以上は事実だと思いますが、有料のプログラミングスクールに行ったとしても、就職先は大して変わらないと思います。
イケてる企業は、「実務が未経験のエンジニア」を雇いたいとは思いません!
つまり、経験の浅いエンジニアを雇う企業には、理由があるということです。

それならば、経験が浅い間は、就職先を選り好みせずに、自分の経験を積むことに専念しましょう。
数年後、経験とスキルが身についた後ならば、いくらでもイケてる企業に転職することができます。
かくいう私も、そうやって特定派遣の会社から数社を経て、メガベンチャーに転職しました。

たまに、「運良くイケてる企業に就職できた」という話を聞くことがあるかもしれません。
でも、私の10年以上の経験から考えるに、その人も将来はどうなるかはわかりません。
IT業界では、「スキルがあること」が安定への近道で、「イケてる企業に入ること」は、安定に見えるようで、地獄へ続く道かもしれません。

無料のプログラミングスクールの生徒は、質が低いんでしょ?

お金を払って有料のスクールに通っている人に比べて、無料のスクールに通っている人のやる気と質は、確かに低いかもしれません。
でも、それが自分のモチベーションに関係するかどうかは、自分次第だと思います。
これから、IT業界に飛び込もうと考えている人には、是非、その程度の障壁は乗り越えて欲しいと思います。

IT業界でエンジニアとして働くということは、「生涯、ずっと勉強をし続ける」ということを心に留めておいて下さい。

無料のプログラミングスクールに行くと、ブラック企業に就職させられるんでしょ?

一ラック企業に就職させられる可能性はあると思います。
でも、その場合は、サッサと会社を辞めましょう。
数ヶ月間、お小遣い稼ぎをしたと思えば、ただのラッキーでしかありません。
無料のプログラミングスクールで得た知識と、就職して得た給与で、有料のプログラミングスクールに通い直してもいいと思いますし、就職活動をしてもいいと思います。
同じ有料のプログラミングスクールに通うにしても、知識を得てから通う場合と、何もわからないで通う場合とでは、得られるものは天と地ほどの差があるはずです。

ただし、無料のプログラミングスクールに通う前に、何が違約になるのかはシッカリと確認しておきましょう。
具体的には、以下の内容です。

  • 途中で、プログラミングスクールを辞めたらどうなるか?
  • 斡旋先の会社に就職しなかったらどうなるか?
  • 斡旋先の会社に就職した後で、すぐに会社を辞めたらどうなるか?

まとめ

この記事では、「無料のプログラミングスクールを推す理由」について書きました。
もし、この記事を読んでいるあなたがお金に余裕があり、「50万円ぐらいならすぐに出せる」と考えているならば、有料のプログラミングスクールに通っても何も問題はありません。

でも、「50万は大金で、すぐには出すことはできない」と考えているならば、迷うことなく無料のプログラミングスクールに通いましょう。
無料のプログラミングスクールに通っても、失うものは時間だけです!

Good luck for your engineer life!

この記事が面白かった人は、こちらの記事も読んでみて下さい。

-IT業界, 初心者向け, 勉強方法

Copyright© プログラミング道場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.